グループウェアの導入が失敗する理由

グループウェアは導入したが定着せずに利用を中止したという企業が多数あります。グループウェアの導入で失敗する理由は主に3つあると言われています。

1つは使い勝手の悪さ、2つ目はコスト、3つ目は社員の理解を得られなかったためです。
使い勝手については主にグループウェアの機能の豊富さと関係しているとも言われてます。



グループウェアは日々更新されており、使える機能が増えていく傾向がありますが、使えるからといって導入しても利用率が上がらないケースが多いと言われています。

NAVERまとめ選びをサポートするサイトです。

これは利用しても業務が直接向上することは少ないからと考えられています。


コストについてはグループウェアの多くが利用者数、オプション数で課金されることから利用者数が多い場合に負担となるケースが多いからと言われています。
負担が多くても実際の利用率が高ければ継続されるケースも多いのですが、多くの場合コストを考える会社の多くが利用率がそれほど高く無いケースが多いためコスト高で利用をやめるケースが多くなっているようです。


いづれの場合も最終的には社員の理解が重要です。

業務に関係ない、面倒、使わないなどと悪い印象を持たれてしまうことが内容にトレーニングや事前の説明が重要となります。
また、社員の中からしっかり利用できる社員を選別し、アドバイザーで配置するなど利用にあたって障害が発生しないように努力することが求められます。



また、上層部が率先して使うのも重要です。